ホーム > 白内障治療 > 多焦点眼内レンズ・老眼治療

多焦点眼内レンズ・老眼治療

多焦点眼内レンズの特徴

多焦点眼内レンズは、白内障手術を行った際に挿入する遠近両用の眼内レンズです
これまでの眼内レンズは単焦点眼内レンズと呼ばれる、遠くか近くどちらかにしかピント(焦点)を合わせることしか出来ないレンズでした。
そのためピントがしっかり合わない場合にメガネを使用して生活をせざるを得ません。
しかし多焦点眼内レンズであれば、単焦点眼内レンズに比べ、遠近両方ともメガネなしで見やすくなることが出来ます。
結果、最近では老眼治療としても有用性が注目されています。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較

 単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズ
メリット保険診療のため安価遠近両方にピントが合うため、メガネが不要になる場合が多い
デメリット遠近両方のピントを合わせるためには、メガネをかけなければいけない自費診療のため、費用が高額

職業柄、メガネの装着が出来ない、メガネの装着を好まないという方には、多焦点眼内レンズをお薦めしています。

杉田眼科の多焦点眼内レンズ

<患者様お一人お一人に合わせて、先進医療適用レンズからプレミアムレンズまで、様々な種類の多焦点眼内レンズを揃えています>

多焦点眼内レンズの費用はこちら>>>

3焦点眼内レンズのご紹介 ~白内障手術時における新しい老眼治療~
レンティス、トリフォーカル(Fine vision)は、他のレンズと比べて遠方、中間、近方の3か所にピントが合う3焦点眼内レンズです。
ヨーロッパでは広く使用されていますが、日本ではまだ未承認のレンズのため診療は自由診療となり、先進医療の対象にもなりません。
 

※トリフォーカル、レンティスは、2焦点眼内レンズの弱点を改善し、見え方の質が格段に向上した3焦点レンズです。乱視矯正も可能です。
 
多焦点眼内レンズの費用はこちら>>>

焦点深度曲線
 

上記の赤いグラフは、3焦点眼内レンズの焦点距離を示しています。5m(遠方)70~60㎝(中間)40~30㎝(近方)の3ヵ所に焦点合っているのが分かります。
 
当院の術後成績
2焦点IOLでは、中間距離、近距離で見え方が、物足りなく感じる場合があるが3焦点IOLでは、遠中近距離が、同じように見える。

 
当院におけるアンケート調査の結果

2焦点眼内レンズ後の眼鏡装非用状況が約80~90%。
3焦点眼内レンズになると90%以上と非常に高い。
3焦点眼内レンズは、見え方に慣れるのが比較的早い。
2カ月以内に見え方に慣れたと回答された方が80%。

 
最後に
全ての多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズに比べてレンズの構造上、視力は良くなったけど見え方の質が落ちたり、グレア・ハローといった光のにじみもより強く出たりすることがあります。また、長時間手元で作業をする時などには眼鏡が必要になることも場合によってあります。
どのレンズを使うかは、当院の医師、スタッフとよくご相談の上お決めください。

Q&A

Q、誰でもできる治療ですか?
A、白内障以外に目の病気がある方、その他患者様の眼の状態によっては治療が出来ない場合があります。まずは精密検査を行い、医師と治療方針について話合いましょう。

Q、合併症などはありますか?
A、強い光を見た際に、ひどく眩しく感じたり、光の周りに輪がかかっているように見えたりすることがあります。個人差はありますが、時間が経過すると慣れていくと言われています。

Q、メガネが不要になるといいますが、若い頃のような見え方を取り戻せるのですか?
A、ほとんどの方は日常生活でメガネが不要になり、患者様の満足度も大変高いものではありますが、多焦点眼内レンズといっても正確には2焦点、3焦点レンズになります。
高度なオートフォーカス機能を備えた本来の目と同等の質の見え方ということではありません。

Q、生命保険の手術給付金は受けられますか。
A、契約内容によって手術給付金が支給されます。保険会社へご確認ください。また、最近は「先進医療特約」等、多焦点眼内レンズの先進医療費用の全額あるいは一部を保障する保険があります。こちらも合わせてご確認ください。
※ プレミアム多焦点眼内レンズは先進医療の対象外となります。
お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら