子どもがなりやすい目の病気

子どもがなりやすい目の病気

学校で集団感染するウイルス性の結膜炎など、子どもは目の病気になりやすい環境にいます。
いち早くお子様の目の異変に気づくためにも、子どもに多い目の病気について知っておくことはとても大切です。

ものもらい

ものもらいは、「麦粒腫」のことです。汗を出している汗腺に細菌が侵入したり、マイボーム腺と呼ばれる脂が出る部分が詰まったりすることで炎症し、痛みと共に痒みも出てきます。
炎症の影響でまぶたが腫れた状態になるので、子どもがかかっても比較的気づきやすい目の病気と言えるでしょう。
ほとんどの場合は薬で治すことができますが、症状が悪化し膿を持った黄色い病巣が見られるようであれば、切開して膿を出す必要があります。しかし、子どもは全身麻酔をしなければいけないので、できるだけ薬を使って治します。

はやり目・プール熱

ウイルス感染によって結膜が充血し、たくさんの目ヤニが出てくるなどの症状がある病気です。
また目だけではなく、発熱したりなど風邪に似た症状を引き起こすこともあります。
伝染性と診断されたら、完治するまで学校を休まなければいけません。家族内での感染を防ぐためにも、お風呂のお湯をかえたり、タオルは別の物を使ったりなどの対策をする必要があります。

逆まつ毛

まつげが眼球に向かって生え、毛先が角膜に触れてしまうことで引き起こされる病気です。
まぶた部分の組織や筋力の未発達が原因で逆まつ毛になりますが、成長するにつれて改善することもあります。
もし改善されない場合は、まつげを外側に向ける手術をする必要があります。

逆まつ毛

葛飾区で小児科眼科をご利用になるなら、ぜひ当院をご利用ください。遠視・近視・乱視の視力矯正や色覚障害の検査など、様々な目の病気に対応することができます。
未就学児の場合、定期検診がないのでお母さまの観察力が大切です。少しでも異変に気づいたら、遠慮せずに小児科眼科の診察をお受けください。葛飾区だけではなく、多くの地域からの小児科眼科のご利用をお待ちしています。

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ