ホーム > コンタクト・オルソケラトロジー

コンタクトレンズ・オルソケラトロジー

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズの使用には適切な検査が必要です。
杉田眼科では、視力を測ることを専門とする検査技師がしっかりと検査を行います。検査時間は、初診の方で約1時間から1時間半になります。

当院では、未成年者の患者様に対し安全にコンタクトレンズを使用していただくために、必ず保護者の同意書を頂いております。コンタクトレンズの管理が十分にできないと判断した場合は、コンタクトレンズの処方をお断りすることがありますので、ご了承ください。
コンタクトレンズのお取り扱いについては下記をご参照下さい。
◆コンタクトの取り扱いに関して
http://acuvue.jnj.co.jp/doctor/

◆初めての方向けコンタクトについて
http://acuvue.jnj.co.jp/begin/newfits/index.htm

◆コンタクト製品情報
http://acuvue.jnj.co.jp/product/

オルソケラトロジー

寝る前に特殊なデザインの高酸素透過性レンズを装用し、寝ている間に視力を回復させる治療方法です。
回復した視力は一定期間維持され、日中は付けている必要がなく、裸眼でも良く見えるようになります。画期的な最新の近視矯正法として、世界的に注目を浴びています。
オルソケラトロジーの仕組み
オルソケラトロジーの仕組み
[就寝前]
就寝前にレンズを装着
[睡眠中]
睡眠中に角膜が矯正される
[翌日]
朝起床時にレンズを外し、視力回復
オルソケラトロジー 4つのメリット
オルソケラトロジー 4つのメリット
オルソケラトロジーの安全性
オルソケラトロジーは、アメリカで30年以上前から導入されている治療方法です。現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と効果が認められています。その最大の特徴は、レーシックなどの外科的手術とは異なり、いつでもレンズの装用を中止できることです。

装用は夜間に行うため、日中のコンタクトレンズ使用と異なり、ほこりなどが目に入ることもありません。レンズを紛失する心配も少なく、安全・快適にお使いいただくことが可能で、比較的安全な近視矯正法といえるでしょう。
杉田眼科では、各国で長年使用実績のあるレンズを使用しています
オルソケラトロジーレンズ「マイエメラルド(Emerald™)」
当院で使用するオルソケラトロジーレンズ「マイエメラルド(Emerald™)」は、米国FDA・ヨーロッパCEマークが認可されている、世界各国で長年使用実績のある製品です。日本国内でも複数の大学病院にて臨床試験が行われ、その効果と安全性は厚生労働省に認可されています。

マイエメラルド(Emerald™)の特徴

1.国内取扱いNo1のレンズ
オルソケラトロジー発祥の国アメリカをはじめ、ヨーロッパ・アジア各国など世界中で、長年にわたる実績があります。日本国内でも取扱い実績No.1のレンズです。

2.他社レンズよりも早い矯正効果が望めます(矯正効果には個人差がございます)。

3.目に優しいレンズです
レンズ素材は、高酸素透過性コンタクトレンズで世界的なシェアを誇る「Bostonシリーズ(ボシュロム社)」のものを採用しています。角膜内皮細胞数に個人差が少ないことは国内臨床試験でも確認されており、角膜にやさしいレンズといえるでしょう。
オルソケラトロジーの費用
オルソケラトロジー片眼 7万5000円(税込)
両眼 15万円(税込)

上記費用には保障期間である治療開始後3ヵ月までの検診費用が含まれます。
保障期間後のレンズの再作成には片眼 4万3200円(税込)の費用がかかります。
トライアルレンズ貸し出し時には、お預かり金として片眼2万5000円を申し受けますが、正式な治療開始が決まった段階で、上記治療費用に充当させていただきます。
当院では、日本眼科学会のガイドラインに沿い、原則として20歳以上の方に処方をしております。

オルソケラトロジーは医療費控除の対象になりますので、10万円を越した費用は補助が得られます。詳しくは国税庁のページをご覧下さい。

オルソケラトロジー(角膜矯正療法)による近視治療に係る費用の医療費控除
オルソケラトロジーの装着スケジュール
「マイエメラルド」の装用には、医師の診察が必要です。すべての方にお使いいただけるわけではありません。眼の状態や角膜の形状などを検査し、適応できるかどうかを判断いたします。処方された場合でも、矯正効果・効果の持続時間などについては個人差があります。
スケジュール例
スケジュール例
お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら