ホーム > 結膜の治療

結膜の治療

翼状片

翼状片とは
目の充血や異物感を感じたら、翼状片の可能性があります。
翼状片は、白目の表面を覆っている結膜が、目頭の方から黒目に対し入り込んでくる症状です。鏡を見れば、白目の一部が黒目に伸びてきたように感じるでしょう。そのまま進行すると、視力の障害を起こす場合があります。眼科クリニックでの検査をお勧めします。

翼状片の治療
翼状片そのものは悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はありません。充血や異物感を感じるのであれば手術を行いますが、軽度の場合は点眼でも治療可能です。なお、年が若いほど再発する傾向があります。

偽翼状片
目のさまざま疾患の回復過程で、翼状片に似た病状が出現することがあります。これを偽翼状片と呼び、治療は翼状片に準じて行われます。

結膜下出血

鏡で見たら、白目の部分が血で真っ赤になっていることはありませんか?
何らかの原因で白目(結膜)の細かい血管が破れ、血液が膜の中に溜まっていると、このような症状が発症します。見た目には驚きますが、出血は1から2週間程度、強いものでも2から3ヶ月程度で自然に引いていきます。
結膜下出血

出血の範囲は、部分的なものから白目全体に及ぶものまでさまざまです。出血した血液が気になるようであれば、蒸しタオルで温めると血液の吸収が促進される場合があります。出血の症状が止まらないときは、点眼で麻酔した後に結膜に薬液を注射します。

気をつけたい結膜下出血

・目に外傷をうけた場合・・・ボールや転倒などで眼球に外傷を受け、穿孔性眼外傷が疑われる場合は、すぐに治療が必要です。受診時には、ケガをしたときの状況を詳しく伝えてください。

・頻繁に繰り返す場合・・・糖尿病、高血圧、血管や血液の異常がないかを検査します。

そのほかの疾患

痛みやかゆみ、目やに、熱を伴う場合などは、自分の症状をしっかりと眼科医に伝え、診察を受けてください。
東京で結膜下出血にお悩みの方は

東京葛飾区にある当院では、アレルギー性結膜炎や結膜下出血、緑内障、白内障など、様々な目に症状に対応しております。結膜下出血は2週間から3ヶ月程度で自然と引いていきますが、目に外傷をうけた場合や頻繁に繰り返す時などにはすぐに治療が必要になる場合もあるため、放置せずに眼科を受診することをおすすめします。他にも目の痛みやかゆみなど目に異変を感じるという方は、一度当院へご来院ください。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら