多焦点眼内レンズ・老眼治療

多焦点眼内レンズの特徴

多焦点眼内レンズは、白内障手術を行う際に挿入する遠近両用の眼内レンズ

これまでの眼内レンズは単焦点眼内レンズと呼ばれる、遠くか近くどちらかにしかピント(焦点)を合わせることしか出来ないレンズでした。

そのためピントが合わない距離の物を見る場合にメガネを使用して生活をせざるを得ません。

しかし多焦点眼内レンズであれば、単焦点眼内レンズに比べ、遠近両方ともメガネなしで見やすくすることが出来ます。
結果、最近では老眼治療としても有用性が注目されています。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較

 単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズ
メリット 保険診療のため安価 遠近両方にピントが合うため、メガネが不要になる場合が多い
デメリット 遠近両方のピントを合わせるためには、メガネをかけなければいけない 自費診療のため、費用が高額

職業柄、メガネの装着が出来ない、メガネの装着を好まないという方には、多焦点眼内レンズをお薦めしています。

杉田眼科の多焦点眼内レンズ          (2000眼以上の実績)

      レンズ名       価格(片眼・税込)・特徴・焦点の合う距離
インテンシティ(回折型) ノントーリックレンズ : 800,000円
5焦点レンズ 全距離をカバーします。
コントラストに優れ、暗い場所でも視力が落ちにくいレンズです。
ファインビジョンGF      (回折型EDOF) ノントーリックレンズ : 770,000円
3焦点+EDOFレンズ 遠方および近方40~100cm
ミニウェル(EDOF) ノントーリックレンズ : 660,000円
乱 視 用 レンズ  : 704,000円
超強度近視用レンズ  : 770,000円
3焦点+EDOFレンズ 遠方および近方30~100cm
他の3焦点レンズにはない特別な規格のIOL度数があるレンズ
ファインビジョン(回折型) ノントーリックレンズ : 660,000円
乱 視 用  レンズ : 704,000円
3焦点レンズ 遠方および近方30~70cm 
ハロ-グレアが少ない
パンオプティクス(回折型) ノントーリックレンズ : 583,000円
乱 視 用  レンズ : 638,000円
3焦点レンズ 遠方および近方40~70cm 
ハロ-グレアが少ない 
レンティス(屈折型) ノントーリックレンズ : 693,000円
乱 視 用 レンズ  : 748,000円
超強度近視用レンズ  : 748,000円
2焦点レンズ 遠方および近方40~70cm
暗い場所でも視力が落ちにくい
ハロ・グレアやや多め
オーダーメイドで近視度数、乱視度数設定が可能なレンズ
テクニスマルチ(回折型) ノントーリックレンズ : 462,000円
2焦点レンズ 遠方および近方30~40cm
ハロ・グレアやや多め
暗い場所でやや見ずらい
アイシー(屈折型) ノントーリックレンズ : 462,000円
2焦点レンズ 遠方および近方50~70cm
ハロ・グレアやや多め
暗い場所でやや見ずらい

EDOFレンズ

焦点を結ぶ距離の範囲が広いレンズです。                                       回折型レンズの弱点である、暗い場所でのコントラスト低下(視力低下)や、ハロ・グレアが改善されま          した。

多焦点眼内レンズの選び方                 ~白内障手術時における新しい老眼治療~

現在、世界では様々な多焦点眼内レンズが出てきております。性能の進歩も目覚しいものがあります。しかしながら、もともとの人間の目に敵うような性能を持った眼内レンズはまだありません。それぞれに一長一短があります。どのレンズを選択するかは、患者様の生活スタイルに依存する部分が大きくなります。当院では患者様個々の生活スタイルに合わせて、遠・中・近どの距離の物が良く見えると患者様の満足度が高くなるのか、あるいは逆にどの距離の物の見え方が悪いと満足度が低くなるかのヒアリングを行い、一番良いと思われるレンズをお勧めいたします。

 

そして、そのレンズの特徴を発揮させる為には通常の単焦点眼内レンズを挿入する時よりも高度な正確性が求められます。

当院では、約10年の間に2000眼の実績がございます。最新の多焦点眼内レンズ・レーザーによる白内障手術・周術期ガイドシステム ベリオン・術中波面収差解析ORAシステム等、常に新しい技術を採用し、患者様の満足度向上を実現しています。

 

 

最後に

全ての多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズに比べてレンズの構造上、視力は良くなったけど見え方の質が落ちたり、  グレア・ハローといった光のにじみもより強く出たりすることがあります。また、長時間手元で作業をする時などには眼鏡が必要になることも場合によってあります。

どのレンズを使うかは、当院の医師、スタッフとよくご相談の上お決めください。

Q&A

Q

誰でもできる治療ですか?

A

白内障以外に目の病気がある方、その他患者様の眼の状態によっては治療が出来ない場合があります。まずは精密検査を行い、医師と治療方針について話合いましょう。

Q

合併症などはありますか?

A

強い光を見た際に、ひどく眩しく感じたり、光の周りに輪がかかっているように見えたりすることがあります。個人差はありますが、時間が経過すると慣れていくと言われています。

Q

メガネが不要になるといいますが、若い頃のような見え方を取り戻せるのですか?

A

ほとんどの方は日常生活でメガネが不要になり、患者様の満足度も大変高いものではありますが、多焦点眼内レンズといっても正確には2焦点、3焦点レンズになります。
高度なオートフォーカス機能を備えた本来の目と同等の質の見え方ということではありません。

Q

生命保険の手術給付金は受けられますか。

A

契約内容によって手術給付金が支給されます。保険会社へご確認ください。

また、「多焦点眼内レンズを使用した水晶体再建術」は2020年4月から先進医療から除外されましたので、先進医療特約の対象とはなりませんのでご注意ください。

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ