東京の眼科が眼瞼下垂の症状・自己診断法・認知度が低い理由・予防法を解説

眼瞼下垂(がんけんかすい)という症状をご存知でしょうか。眼瞼下垂は、頭痛や肩こり、首こりなど多くの方が悩んでいる症状を引き起こす症状ですが、病名自体はあまり知られていないのが実情です。ここでは、眼瞼下垂の症状や自己診断法、病名があまり浸透していない理由や予防法についてご紹介します。東京都葛飾区で眼科医院を開業する杉田眼科では、まぶたに関する治療を行っております。まぶたが垂れ下がった状態を改善したい方はぜひご相談ください。

まぶたが下がって視界が悪い!眼瞼下垂の主な症状とは

まぶたが下がって視界が悪い!眼瞼下垂の主な症状とは

眼瞼下垂になると、どんな症状を引き起こす可能性があるのでしょうか。

開瞼障害

まぶたがきちんと開かない症状です。

頭痛や肩こり、首こり

まぶたを開くために身体のいたるところに余計な力が加わるため、頭痛や肩こり、首こりが起こる可能性があります。

睡眠障害

なかなか寝つけず、眠りが浅くなることがあります。

自律神経の失調

手の多汗症や便秘、下痢や冷え性などの症状が発現する可能性があります。

線維筋痛症

身体のどこにも異常がない状態にもかかわらず、全身に激しい痛みが生じる病気です。線維筋痛症は、眼瞼下垂が引き金となって発症する病気とされています。

顎関節症

睡眠障害によって疲れた脳に刺激を与えるために歯を食いしばることで、顎関節症や歯痛になることもあります。

簡単にセルフチェック!眼瞼下垂の自己診断法

簡単にセルフチェック!眼瞼下垂の自己診断法

ここでは、目や眉の形状別に、眼瞼下垂の自己診断法を見ていきましょう。以下のような状態の場合、眼瞼下垂の可能性があるといえます。

目の自己診断

  • ・目が大きくなった
  • ・涙袋が大きくなり、常に笑っているような顔になった
  • ・それまで一重だったが急に二重になった(三重、四重と増えてきた)
  • ・瞳の下部分の白目が広がった(三白眼)
  • ・目の上がくぼんできた
  • ・額に常時しわができるようになった
  • ・目じりのまぶたが下がって垂れ目のようになってきた
  • ・常に目が半開きになっている
  • ・意識して目を開けようとしてもなかなか開かない

眉の自己診断

  • ・眉間にしわが寄ったような顔になってきた
  • ・眉毛下制筋がけいれんして眉毛が吊り上がっている
  • ・皺眉筋がけいれんして少し困ったような表情になっている

眼瞼下垂があまり知られていない理由

様々な症状を発現させる眼瞼下垂。なぜあまり知識や病名が浸透していないのでしょうか。眼瞼下垂があまり普及していない理由は、以下のような内容によるものと考えられます。

まだ研究の歴史が浅く実績が少ない

眼瞼下垂の研究はまだ歴史が浅く、治療実績の集積もまだ十分ではないことが理由の一つに挙げられます。

重篤な症状と捉われにくいため軽視されがち

眼瞼下垂が引き起こす症状は肩こりや頭痛などが中心で、あまり重篤な症状という扱いがされません。肩こりや頭痛は病気のうちに入らないと軽視されがちな点が一般的に浸透しない理由の一つです。

因果関係がわかりにくく立証が難しい

肩こりや頭痛、開瞼障害などが起きても、それが眼瞼下垂によるものだと判断しにくく、立証も難しいケースが多いためです。

予防できる?できない?眼瞼下垂の予防法

ここでは、予防できる眼瞼下垂と予防できない眼瞼下垂をご紹介します。

予防できる眼瞼下垂

日常生活における様々な目へのストレスによって引き起こされる眼瞼下垂は、正しい予防法を取り入れることである程度回避することが可能です。

予防法として眼瞼挙筋腱膜の保護やトレーニングがあります。

眼瞼下垂の原因の多くは、まぶたを持ち上げる際の眼瞼挙筋腱膜の断裂によって起こります。まぶたへの物理的な刺激を避ける、両目を大きく見開いてキープするといったトレーニングを習慣化するなど、眼瞼挙筋腱膜の保護やトレーニングにより、眼瞼下垂は予防できます。

予防できない眼瞼下垂

眼瞼挙筋間膜にストレスを与えた結果として生じた眼瞼下垂ではなく、先天性(生まれつき)の眼瞼下垂の場合には、大きな効果が期待できる予防法はありません。先天性の場合の治療法は手術になります。また、重度の眼瞼下垂の場合も手術によって改善できます。

頭痛・睡眠障害を解消!眼瞼下垂の治療をお考えなら東京の眼科へ

眼瞼下垂は開瞼障害や頭痛、肩こり・首こりなどを引き起こす症状であり、目や眉の状態によってある程度自己診断することができます。しかしまだ研究の歴史が浅いなどの理由から、一般的にあまり浸透していません。

まぶたのことでお悩みやコンプレックスをお持ちの方は、眼科へ相談することをおすすめします。

東京で眼科をお探しでしたら、東京都葛飾区の杉田眼科へご相談ください。

東京の杉田眼科は、眼瞼下垂をはじめ、白内障・緑内障・網膜など、目に関する幅広い検査・治療を行う眼科医院です。東京都内で信頼できる眼科をお探しの方は、ぜひ杉田眼科へお越しください。

東京の眼科に通うなら杉田眼科

院名 医療法人社団達洋会 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3-19-1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
URL https://www.sugita-ganka.com/
診療時間
  • 平日/8:30~12:30
  • 平日/13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
予約 杉田眼科は予約制です。予約なしでも診察は受けられますが、その場合、多少待ち時間をいただく場合があります。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
診療御予約専用ダイヤル 0120-463-489
アクセス

電車でのご来院

JR常磐線「金町(かなまち)駅」北口より徒歩約3分

お車でのご来院

お電話をくださればご案内いたします。

※駐車場はご用意しておりませんので、恐れ入りますがお近くのパーキングをご利用いただけますよう、お願いいたします。

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • 0120-463-489
    • 03-5660-1611
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約