【東京】多焦点眼内レンズの基礎知識 先進医療の手術・費用について

【東京】多焦点眼内レンズの基礎知識 先進医療の手術・費用について

白内障は水晶体が白く濁る病気で、治療としては基本的に手術が必要です。これまでの白内障手術は、単焦点眼内レンズを用いた手術が主流でした。しかし、現在は従来の単焦点眼内レンズに加えて、多焦点眼内レンズを用いた手術などもあり、選択の幅が多様化してきています。

そこで今回は、東京都葛飾区にある杉田眼科が、白内障の先進医療として認められている多焦点眼内レンズ手術ついて解説します。

これまでの白内障手術と現在の先進医療の白内障手術

眼科の検査機

白内障は薬や訓練で治すことはできず、手術を受けることでよく見える目を取り戻します。白内障は水晶体というレンズが濁ることによって視野がぼやけてしまうため、手術で濁りを取り除く必要があります。

手術では濁った水晶体の中身を吸い出し、そこに眼内レンズを入れてピントを合わせます。これまでは、単焦点眼内レンズを用いた手術が主流でしたが、今では先進医療として厚生省に認可された多焦点眼内レンズ手術も注目を集めています。

単焦点眼内レンズは、1点のピントしか合わないという欠点がありました。例えば、遠くを見やすくするように設定した場合、近くのものはぼやけて見えてしまうといったことがあります。

それに対して多焦点眼内レンズは、遠方と近方の2焦点、または遠方と近方と中間の3焦点にピントが合うように設定されているのが特徴です。まさに、遠近両用の眼内レンズともいえます。どの眼内レンズにするかは、患者様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

東京都葛飾区にある杉田眼科では、先進医療の多焦点眼内レンズ手術に対応しています。レーザー白内障手術を導入し、より理想的な手術を実現していますので、お気軽にご相談ください。

杉田眼科のコンセプト・信念・心がけていること

手のひらに浮かぶハート
  1. 思いやりのある診療
  2. わかりやすい説明と開かれた医療
  3. 最新・安全に配慮した医療
  4. 国際都市の東京にあるクリニックとして多国籍の人々に医療を提供

東京都葛飾区にある杉田眼科は、親切丁寧を心がけて診察・治療を行っています。また、患者様に不安を与えないよう、わかりやすい説明と開かれた医療を常に意識しています。

白内障手術では、フェムトセカンドレーザーを使用するなど、安全に配慮した医療を提供しており、多くの国籍の方々から愛される医療をお届けしています。

これらを実現するためには、医師に限らず、すべてのスタッフが一丸となって患者様に寄り添うことが大切だと考えています。「目が見えにくい」「目がかすむ」など目において何かしらの症状を感じたら、東京にある杉田眼科へご相談ください。

費用のお問い合わせもお気軽に!多焦点眼内レンズ手術が可能な東京にある杉田眼科

多焦点眼内レンズは従来の眼内レンズとは違い、遠距離・中間距離・近距離など複数の位置に焦点が合うメリットがあります。先進医療にかかる費用として、手術費用や眼内レンズ費用は全額自己負担となりますが、手術前・手術後の診察・検査・薬代などは保険診療で行えます。

東京都で眼科をお探しの方は、フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術に対応している杉田眼科をご利用ください。費用に関して詳しくお知りになりたい方のお問い合わせも随時受け付けています。

東京で多焦点眼内レンズ手術をお考えの方は杉田眼科へ
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL https://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ