【葛飾区】網膜の治療 加齢に伴う目の変化や糖尿病網膜症の検査・手術について

【葛飾区】網膜の治療 加齢に伴う目の変化や糖尿病網膜症の検査・手術について

目には、加齢に伴い様々な症状が現れます。視力が低下する程度であれば老化現象だと感じる方も多いですが、大きな病気にかかってしまうと放置するわけにはいきません。中でも恐ろしいのが、糖尿病の合併症により引き起こされる糖尿病網膜症です。糖尿病が網膜に悪影響を及ぼすことで、最悪の場合、失明に至ることもある病気です。

こちらでは、加齢に伴う目の変化と糖尿病網膜症の検査方法や手術についてご紹介いたします。少しでも目に違和感を覚えた方は、東京都葛飾区にある杉田眼科へお越しください。

加齢に伴う目の変化

女性の目元

目は加齢によって機能が衰えていきます。誰もが知っている症状の一つに老眼があり、歳を重ねるにつれて近いものが見えにくくなるというものです。

目の中にある水晶体が濁ってしまう白内障や、視神経に傷がつくことでうまく映像を脳に届けられなくなる緑内障などもあります。その他にも、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、黄斑上膜なども加齢とともに発生しうる病気です。

老眼は老眼鏡などを利用することによって簡単に視力の矯正が可能ですし、白内障であれば水晶体の濁りを取り除き、レンズを入れ込む手術を行うことで症状を大きく改善できます。

緑内障の場合、完全に視野を元に戻すことはできませんが、進行を遅らせることは可能です。いずれの場合においても、早めに眼科に相談し、適切に対処することが重要です。

東京都葛飾区にある杉田眼科では、老眼治療をはじめ白内障や緑内障治療、網膜の治療などに対応しています。葛飾区で加齢による目の変化が気になる方は、ぜひ杉田眼科へご相談ください。

糖尿病網膜症の検査・手術について

視力検査をする女性

加齢による目の病気の中に、糖尿病網膜症があります。これは、糖尿病を患ったことによって合併症として起こる目の疾患です。

血糖値が高くなってしまう糖尿病は、全身の血管に障害を与えてしまうため、網膜にも悪影響を及ぼします。糖尿病網膜症を検査するためには、一般的に以下の4つの方法があります。

視力検査

糖尿病にかかってから視力が著しく低下した場合は要注意です。

眼底検査

目の奥に光をあてて、網膜や血管がどのような状態にあるかを調べる検査です。

蛍光眼底造影検査

腕の静脈から蛍光色素が入った造影剤を注入しながら、眼底カメラで網膜の血管を観察します。血管の形状や血液の流れ、網膜の血管から血液成分が漏れ出していないかをチェックする検査です。

OCTアンギオ検査

眼底に近赤外線をあてて、層構造をした網膜を描出して状態を確認する検査です。

糖尿病網膜症の病期は、「単純型」「前増殖型」「増殖型」の3段階にわけることができ、治療法も病期に応じて変わります。葛飾区にある杉田眼科では、患者様一人ひとりに合った治療方法をご提案いたします。正しい食事や適度な運動などの生活指導はもちろん、レーザー治療や硝子体手術などが可能ですので、お気軽にご相談ください。

糖尿病の方は要注意!葛飾区にある杉田眼科で定期的にチェックを

糖尿病を患う方の中には、目の病気と糖尿病は無関係だと考えている方も少なくありません。しかし、網膜疾患の中で最も多いのは、糖尿病との合併症により引き起こされる糖尿病網膜症で、失明原因の上位を示しています。視力低下が気になる方は、眼科で精密検査を受けましょう。

葛飾区にある杉田眼科は、これまで数多くの目の病気を診察・治療してきました。少しでも目に違和感を覚えたら、状態が悪化する前に杉田眼科へご相談ください。

予約専用フリーダイヤルはこちら

葛飾区で網膜の治療にお悩みの方は杉田眼科へ
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL https://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ