【東京】眼瞼下垂の主な原因や手術後の注意点 眼瞼の異常ものもらい

【東京】眼瞼下垂の主な原因や手術後の注意点 眼瞼の異常ものもらい

眼瞼下垂は上まぶたが垂れさがり、視野が狭くなった状態です。眼瞼下垂は手術することで治療できますが、行う際にいくつか知っておかなければならないポイントあります。

この記事では、眼瞼下垂の主な原因と、手術を受けた後の注意点についてご紹介いたします。老人性眼瞼下垂、ものもらいなど眼瞼の異常でお悩みの方は、東京都葛飾区にある杉田眼科にお問い合わせください。

眼瞼下垂の主な原因について

鏡で目を見る女性

眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあります。先天性の眼瞼下垂は、上まぶたの筋肉や神経に生まれつきの問題があり、うまく開かないタイプです。

一方、後天性の眼瞼下垂はほとんどが加齢によるもので、眼球を守る瞼板という固い組織と筋肉の結合部分が弱まって、上まぶたの開きが悪くなります。

後天性の原因は加齢以外にもある

後天性の眼瞼下垂は、ハードコンタクトレンズの長期間使用、習慣的に目を擦ってしまう癖、目の周りの脂肪が多いなどの理由も挙げられます。眼瞼下垂による問題は、視野が狭くなるだけではありません。

頭痛や自律神経失調症を発症するなど、様々な問題を引き起こす可能性があります。審美目的ではない眼瞼下垂の治療は健康保険が適用されますので、困っている方は眼科医に相談をしましょう。

東京都葛飾区の杉田眼科では、老人性眼瞼下垂、ものもらいなど眼瞼の治療に対応しています。少しでも違和感を覚えましたら、お気軽にご来院ください。

眼瞼下垂の手術を受けた後の注意点

眼瞼下垂の手術後について説明する男性

眼瞼下垂の手術は、目頭から目尻まで皮膚を切開することによって、まぶたを挙上させ視野を広げます。手術自体は難しいものではなく傷も目立ちませんが、手術後に注意しなくてはいけないポイントがあります。

術後1ヶ月まで

眼瞼下垂の術後数日は、患部への刺激を避けなければいけません。洗顔や洗髪の際には濡らさないように気をつけましょう。また、湯船に浸かってしまうと、血行がよくなり過ぎて腫れが悪化する場合があります。

なるべく入浴はシャワーのみで染ませてください。なお、血行を促進してしまう運動にも制限が必要です。術後1ヶ月くらいは控えてください。

術後1ヶ月経過

コンタクトレンズは術後1ヶ月を経過したら、抜糸をしなくても利用できますが、糸が緩む可能性が高くなります。できることなら使用を控えたほうが賢明です。他にも、アイメイクは控えるべきなど、目の傷を刺激するような行為全般は避けましょう。

東京都葛飾区にある杉田眼科では、日帰りの眼瞼下垂手術に対応しています。眼瞼下垂の手術費用は、3割負担の方で2万5000円前後(片眼)かかります。手術方法や費用につきましては、お問い合わせください。

東京で眼瞼下垂・ものもらいなど眼瞼の異常は杉田眼科に相談を

東京で眼瞼の異常が気になって治療を希望する方に、眼瞼下垂の主な原因と手術後の注意点をまとめてみました。東京で眼瞼下垂・ものもらいなど、眼瞼の異常にお困りでしたら杉田眼科にご相談ください。

老人性眼瞼下垂には、余分になったまぶたの皮膚を取り除いて短く縫い合わせる皮膚切除術、真性の下垂症には皮膚と筋肉の両方を短く縫い合わせる挙筋短縮術をご提案いたします。

東京で眼瞼下垂やものもらいのお悩みは杉田眼科へ
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL https://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ