【東京】多焦点眼内レンズの適応・非適応について 選択時の注意点

【東京】多焦点眼内レンズの適応・非適応について 選択時の注意点 トリフォーカルレンズのレーザー白内障手術

白内障手術で使用する単焦点眼内レンズは、1つの焦点にしかピントを合わせることができないため、眼鏡による補助が必要となる場合があります。それを解決したのが、複数の焦点にピントを合わすことができる「多焦点眼内レンズ」です。

東京都にクリニックを構える杉田眼科では、多焦点眼内レンズを用いたレーザー白内障手術に対応しています。そこで今回は、多焦点眼内レンズの適応・非適応や、多焦点眼内レンズを選ぶ際の注意点をご紹介します。

多焦点眼内レンズの適応と非適応について

目を指で触る女性

多焦点眼内レンズには、遠距離と近距離の2焦点にピントが合うように設計された眼内レンズと、遠距離と近距離と中間距離の3焦点にピントが合うように設計された眼内レンズ(トリフォーカルレンズ)があります。3焦点レンズ(トリフォーカルレンズ)は、2焦点レンズよりも幅広い距離に対応できるのが魅力です。

東京にある杉田眼科では、患者様一人ひとりに合わせて眼内レンズをお選びいただけます。様々な種類の多焦点眼内レンズを揃えていますので、ご相談の上、ご自身の生活スタイルに合った眼内レンズをお選びください。

多焦点眼内レンズは構造上、単焦点眼内レンズより見え方の質が劣ってしまったり、光のにじみが強く出たりすることがあります。多焦点眼内レンズは目の中に入ってきた光を2つに振りわけてしまうため、光をすべて活用する単焦点眼内レンズに比べ見え方の質が劣ることがあるのです。

カメラマンやデザイナーなど、見え方の質にこだわる仕事をしている方や、長時間手元で細かい作業をする方には向かないこともあります。また、多焦点眼内レンズを使いこなすためには高度の網膜機能が必要であるため、網膜の機能が衰えている方も非適応となる場合があります。

多焦点眼内レンズを選択するときの注意点

指とビックリマーク

白内障治療として注目を集めている多焦点眼内レンズですが、いくつか注意点があります。

単焦点眼内レンズよりコントラストが落ちる

水晶体は、膨らんだり薄くなったりと形を変えて遠くや近くにピントを合わせています。

しかし、多焦点眼内レンズは目に入った光を遠くと近くに振りわけているため、コントラスト(映像のシャープさや微妙な濃淡)が落ちてしまいます。

同時に複数ヵ所にピントが合う独特の見え方をする

多焦点眼内レンズでは、遠くと近くの両方に同時にピントが合います。これは正常の見え方とは異なるため、最初は違和感を覚えるかもしれません。ぼやけた方の映像は無視するように脳は自動的に機能が働きますが、高齢者などこの機能の働きが悪い場合は、よく見えないことがあります。

東京都葛飾区にある杉田眼科は、多焦点眼内レンズのレーザー白内障手術を行っています。職業柄メガネの装着ができない方や、メガネの装着を好まないという方は、多焦点眼内レンズをおすすめしています。東京で白内障のレーザー手術に対応している眼科をお探し方は、ぜひ杉田眼科へご連絡ください。

トリフォーカルレンズもご用意!東京でレーザー白内障手術を受けるなら杉田眼科へ

多焦点眼内レンズを選択する時の注意点をご紹介しました。東京でレーザー白内障手術をご希望の方は、2焦点レンズをはじめ、3焦点レンズ(トリフォーカルレンズ)も取り揃えている杉田眼科へお問い合わせください。まずは診察を行い、手術適応かどうかを判断いたします。

生命保険に加入している方で、先進医療特約を付加している場合は、多焦点眼内レンズの先進医療費の全額あるいは一部が支給される場合がありますので、詳しくは各保険会社にご確認ください。

東京で多焦点眼内レンズを用いたレーザー手術をご希望の方は杉田眼科へ
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL https://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ