多焦点眼内レンズについて

白内障治療に使用する多焦点眼内レンズとは?

白内障の治療では、単焦点眼内レンズや多焦点眼内レンズを目の中に挿入する手術を行います。単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズはどう違うのか、こちらで簡単にご紹介いたします。東京で白内障の手術をご検討中の方は、葛飾区にある杉田眼科へお気軽にご相談ください。

多焦点眼内レンズとは?

多焦点眼内レンズとは?

水晶体の代わりに挿入する多焦点眼内レンズは、遠方と近方、または遠方と中間の2箇所にピントが合うように設計された眼内レンズです。メガネの使用頻度を減らして生活したいという方に向けた製品で、先進医療承認レンズと先進医療未承認のレンズがあります。

多焦点眼内レンズは中央部に同心円状の溝があり、その境目で起きる回折によって光が焦点を結ぶ仕組みです。つまり通常の屈折でできる焦点とあわせて2つの焦点ができるわけですが、多焦点眼内レンズは特殊なアクリル製のため、水晶体のように自動で厚みを変化させることができません。

そのため2つの焦点はあらかじめ設定した距離で結ばれます。一つの焦点は遠くを見るときにピントが合うように設定されており、近くを見るときのピント設定は、約50㎝、約40㎝、約30㎝のいずれかに設定されています。どの多焦点眼内レンズを使うかは、患者様のライフスタイルを考慮した上で決定します。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

多焦点眼内レンズが2箇所に焦点を合わせるのに対し、単焦点眼内レンズは1箇所に焦点を合わせます。

例えば遠方を見やすいように焦点を合わせると、手元の新聞やスマホの画面などがぼやけて見えるため、手術後には度の強い老眼鏡をかける必要があります。反対に近くに焦点を合わせる場合は、遠方を見るためのメガネが必要です。

ただ、単焦点眼内レンズは健康保険が適用されるため、手術費用を抑えることができます。夜間に光のにじみやまぶしさが出ることもない、一般的な白内障手術用眼内レンズとなっています。

東京で白内障手術を受けたいとお考えの方は、杉田眼科にご相談ください。保険適用の単焦点レンズ、単焦点乱視用レンズ、多焦点眼内レンズ、プレミアム多焦点眼内レンズ、追加挿入型多焦点眼内レンズなどでの手術が可能です。多焦点眼内レンズを使った白内障手術をご検討中の方は、ぜひ東京・葛飾区にある杉田眼科にご相談ください。

東京で多焦点眼内レンズを挿入する白内障手術なら杉田眼科へ
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL http://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ