子供の目に見られる症状とは

異変に気づいて早期発見を!子供の目に見られる症状とは?

子供の目の病気は様々で、どれも予防することが難しく、いかに早く発見できるかが重要になります。そのためにも、ご家族の方が知識を深め、気をつけてあげることが大切です。そこで今回は、子供の目に関わる症状の種類をご紹介します。

斜視とは

斜視とは

何かを見る時、片方はその方向を向き、もう片方が違う方向を向いている状態のことを斜視と言います。

斜視にも様々な種類があり、片方が正常に動作し、片方が内側を向いている状態を内斜視、外側に向いている状態を外斜視、上側を向いている状態を上斜視、下側を向いている状態を下斜視と言います。

また、常に斜視が存在している場合と、時々斜視になる状態とがあります。

弱視とは

眼内に特に異常がないにも関わらず、視力が出にくい状態のことを弱視と言います。弱視になると、テレビに近づく、頭を傾ける、顎をあげて物を見る、集中力がないなどの症状が現れます。弱視の原因は、1歳半~8歳までの視力発達時に視力の成長が妨げられることが関係しています。

色覚異常とは

色覚異常とは

色覚異常とは、他の大勢の人と色が異なって見えてしまう状態のことです。色の区別がつきづらいため、信号機の色を間違えてしまうなど、日常生活に影響をきたしてしまう可能性があります。

色覚異常には、遺伝的な原因がある先天性色覚異常と、他の目の病気により色覚に異常が見られる後天性色覚異常があります。先天性色覚異常は自覚しにくい場合が多いため、まずは検査を受けて確認してみることをおすすめします。

お子様の目の異常には、様々な原因があります。そのまま放置すれば、十分な視力を得ることができなくなりますので、早めに小児眼科で治療を受けることをおすすめします。葛飾区にある小児眼科・杉田眼科なら、遠視・近視・乱視の視力矯正や色覚障害の検査など、小児眼科のあらゆる疾患に対応することが可能です。

お悩みをお伺いしながら、ゆっくりと検査しますので、お子様の視力で気になることがあればお気軽に葛飾区の杉田眼科へご相談ください。葛飾区だけではなく、多くの地域からのご来院をお待ちしています。

葛飾区で小児眼科をお探しなら杉田眼科まで
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL http://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ