子供の視力検査はいつから?

子供の視力検査はいつから?視力低下を知らせるサインを見つけて早めの治療を!

人間の目は、生まれてからすぐにはっきり見えているわけではなく、成長するにつれ少しずつ発達していくものです。その過程で視力の発達を妨げる何らかの要因があると、十分に視力が発達しない可能性があります。

視力の変化や異常は、とにかく早く見つけて、小児眼科を受診することが大切です。そこで今回は、子供の目が発達する仕組みや検査のタイミング、および視力低下のサインを解説します。

子供の視力検査は何歳から?

子供の視力検査は何歳から?

子供の視力の発達を妨げる斜視・弱視などは、可能な限り早く発見し、治療を開始することが大切です。しかし、子供は自分の目の異常に気づきにくいため、症状が悪化してしまうことも考えられます。

そこで役立つのが、小児眼科による視力検査です。視力検査は3歳位から受けることができます。少しでも異常を感じるのでしたら、小児眼科で視力検査を受けるようにしましょう。

子供の視力が発達する仕組み

生まれたばかりの赤ちゃんの目は、形はほぼ完成していますが、生後1ヶ月頃までは、まだ明暗がわかる程度です。生後2ヶ月頃に、色の識別ができるようになります。生後6ヶ月を過ぎると、外界の物が見えるようになってきます。その後、様々な物を見ることで視力が発達し、大体5歳ぐらいで視力は1.0に達するのです。

視力は「見る」という行動を通して、自然に発達していきます。この時期までに、物をくっきりと見ることができない状態が続くと、弱視の状態になってしまいますので、なるべく多くの物を見せてあげるようにしてください。

視力低下のサイン

視力低下のサイン
必要以上にまぶしがる

視力が低下すると、光を避けようとする傾向にあります。異様にまぶしがったり、手で光を遮るようなしぐさを頻繁に見せたりする場合には、視力低下を疑ってみましょう。

目をこする

視力が低下すると、目に過剰な力が入るので、目の周辺の筋肉が疲れやすくなります。そのため、目の周りに違和感がでて、目をこするようになるのです。目をこすると角膜が傷ついてしまい、炎症を起こすことにもなりますので、注意が必要です。

テレビや本に顔を近づける

子供は興味があるものに対して近づくこともありますが、頻繁に接近しているようなら、視力が低下している可能性があります。

目を細める

視力が低下すると、少しでも物を見ようと目を細める傾向があります。そのため、遠くを見ている時に目を細めることが多いなら、視力低下を疑ってみてください。

お子様の視力に不安を感じていませんか?子供の視力は徐々に発達していきますが、その間に病気や怪我などがあると、視力の発達に影響を及ぼします。未就学児の場合には、定期検診がないのでお子様の観察力が大切です。少しでも子供の異変に気づいたら、遠慮せずに葛飾区の小児眼科「杉田眼科」で診察をお受けください。

葛飾区にある杉田眼科では、小児眼科に加えて、緑内障や白内障手術にも対応可能です。葛飾区で子供の近視や遠視、緑内障や白内障にお悩みの方は、家族揃って通える杉田眼科にご相談ください。

葛飾区で小児眼科をお探しなら杉田眼科まで
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL http://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ