目に良い食べ物・栄養素

目の病気のリスクを少しでも減らすため、食べ物に気を使われている方もいらっしゃるでしょう。
こちらでは、目に良い食べ物・栄養素をご紹介いたします。毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ビタミンA(にんじん・かぼちゃなど)

ビタミンA(にんじん・かぼちゃなど)

にんじんやかぼちゃなどに含まれているビタミンAが不足してしまうと、涙の分泌量が減少するためドライアイに繋がる可能性があります。また、ビタミンAには網膜にあるロドプシンという色素を構成する成分が含まれています。

そのため、ビタミンAが欠乏すると、暗い場所で目が慣れる能力が低下してしまう夜盲症を引き起こす恐れがあるのです。目の健康を守るためにも、ビタミンAが含まれている食べ物を摂取するよう心掛けましょう。

ビタミンC(キウイ・レモンなど)

キウイやレモンなどに多く含まれているビタミンCは、眼球に一番多く含有されているビタミンです。それほど、目にとってビタミンCは大切な栄養素であると言え、不足すると白内障や緑内障などの目の成人病と呼ばれる病気を引き起こしやすくなります。

特に、喫煙をされる方は通常よりもビタミンCを消耗しているため、積極的にビタミンCが含まれている食べ物を摂取することが大切です。

アントシアニン(ブルーベリー・カシスなど)

アントシアニン(ブルーベリー・カシスなど)

ブルーベリーなどのベリー系に多く含まれているアントシアニンは、ワインに含まれていることでも有名なポリフェノールの一種です。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内で増加しすぎた活性酸素を取り除いてくれる働きがあるので、近視や老眼の方におすすめの栄養素と言えます。

特にブルーベリーには15種類ものアントシアニン成分が含まれていて、そのほとんどの成分が熱や冷却に強いという特徴があるのです。

東京都葛飾区にある当院では、網膜の治療を行っています。当院は、レーザー治療や硝子体手術などの最先端医療を取り入れているので、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症や白内障、緑内障など様々な病気に対応することが可能です。

かすむぼやけるなどの目の症状に悩まされている方は、ぜひ当院へご相談ください。

東京で網膜のレーザー手術なら【杉田眼科】 概要

クリニック名 杉田眼科
所在地 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3-19-1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
URL http://www.sugita-ganka.com/
業務内容 眼科専門医院。白内障治療、緑内障治療、網膜の治療、結膜の治療、まぶた・涙の治療、小児眼科、コンタクトレンズ・オルソケラトロジー、メガネの作成など。
説明 東京都葛飾区にある眼科専門医『杉田眼科』では、白内障や緑内障の治療、網膜や結膜の治療、多焦点眼内レンズの治療や、小児科眼科の診察も行っております。
ホーム > 目に良い食べ物・栄養素
お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら