網膜に関わる病気一覧

網膜疾患にはどのようなものがある?

網膜疾患は生活習慣やストレス、あらゆる病気などが原因で起こります。主な疾患の一覧を載せましたのでご覧ください。いつまでも正常な視界を守るために、定期的な眼科検診をおすすめいたします。その際は、葛飾区の杉田眼科をお役立てください。

主な網膜疾患の一覧

主な網膜疾患の一覧
網膜剥離

糖尿病だけでなく、様々なことが原因で網膜がはがれた状態を言います。10層構造の網膜に何らかの理由で穴があくと、網膜と脈絡膜の間に眼球内の水が入ってしまいます。

すると網膜が浮いた状態になり、機能が低下してしまうのです。虫やゴミが飛んでいるように見える飛蚊症や、視界の端にチカチカと光が見える光視症などが起きやすく、剥離した範囲が広がると失明してしまうこともあります。

糖尿病網膜症

糖尿病により、血糖値が高い状態が続くことで起こりやすい合併症です。網膜の毛細血管が詰まったり傷ついたりすると、単純網膜症→増殖前網膜症→増殖網膜症の順に進行します。初期の場合はほとんど症状がなく、視力もあまり変わりません。しかし、毛細血管が破れて微量の出血をしたり、黄斑浮腫が現れたりすることもあります。

血管障害を繰り返すと、血管壁が厚くなって詰まりやすくなります。網膜に血液が十分に流れない状態が増殖前網膜症ですが、まだ自覚症状はほとんどありません。やがて目がかすむ・視界が欠けるといった自覚症状が現れる増殖網膜症まで進むと、網膜剥離が起きやすくなり、完治も難しくなります。

網膜静脈閉塞症

網膜に通る静脈が詰まった状態を言います。うっ血したり破裂したり、血液中の水分がたまってむくんだりすることもあります。網膜は動脈と静脈が複雑に交差しており、その部分で詰まりを起こすことが多いです。破裂した血管の位置によって、視力の低下や部分的に欠けて見える、ゆがんで見えるなど症状が異なります。

網膜前膜・黄斑前膜

網膜表面に膜が張ってしまう状態を言います。膜が収縮することで、物がゆがんで見えたり、膜に生じるシワによって視力が低下したりするのです。ゆっくり進行する病気のため早期発見できる場合が多いですが、症状が進むと手術が必要になることもあります。

中心性漿液性網脈絡膜症

網膜の下に位置する脈絡膜から血液中の成分が漏れ、網膜の中心に溜まった状態を言います。網膜が溜まった水の影響で盛り上がると、色が異なって見えたり、視界がゆがんで見えたりする症状が出ます。

黄斑円孔

網膜の中心部にある黄斑に穴があいた状態を言います。黄斑は、物を見る際にとても重要な役割を担っているため、穴があいてしまうと、中心がすぼまったように見えたり、中心が見えなかったりする症状が現れます。

加齢黄斑変性

脈絡膜から網膜に向けて正常と異なる血管(新生血管)が生え、出血やむくみを起こす状態を言います。破れやすく、出血や血液中の水分が漏れて網膜に溜まると、視界の中心が見えづらくなってしまうのです。また、新生血管が生えない加齢黄斑変性もあります。

葛飾区にある杉田眼科では、患者様一人ひとりに合わせた治療法をご提案いたします。もちろん、葛飾区以外からのお越しもお待ちしています。目の違和感や不調は放置せず、早めにご相談ください。

網膜など目に関する相談は葛飾区の杉田眼科まで
院名 杉田眼科
住所 〒125-0041 東京都葛飾区東金町3丁目19−1
TEL 03-5660-1611
FAX 03-5660-1613
診療時間
  • 平日/8:30~12:30 13:30~17:30
  • 土曜日/8:30~13:00
休診日 日・祝
URL http://www.sugita-ganka.com/

診療・手術に関しての
ご予約は医院まで
どうぞお気軽に
お問い合わせください

    • 予約専用フリーダイヤル 0120-463-489
    • 電話番号 03-5660-1611
    • contact_img04_sp.png
    • contact_img05_sp.png
  • WEBでの診療予約WEBでの診療予約
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ