パソコンによる眼精疲労を防ぐには

データ入力や事務作業など、パソコン作業を仕事とする多くの方が眼精疲労に悩まされています。
眼精疲労は頭痛や肩こりなど、様々な悪影響を招いてしまいます。きちんと目をケアすることが大切です。こちらではパソコンによる眼精疲労を防ぐ方法についていくつかご紹介しますので、ぜひ実践して下さい。

環境を整える

エアコンの風が直接あたっていませんか。これではドライアイになりやすくなってしまいます。
席を移動するか加湿器を持ち込むなどして乾燥を防ぎましょう。また、モニターに外の太陽光が映り込んでしまうことでも眼精疲労の原因となります。映り込まないようパソコンの位置や角度を調節するなどして工夫しましょう。

姿勢に気をつける

姿勢が猫背になっていたりモニターの位置が近過ぎたりしていませんか。一般的にモニターまでの位置は4・50cm以上空けるのが好ましいとされています。また、視線は正面に向くか少し下がる程度に椅子の高さを調整し、背筋を伸ばして深く腰掛けるのが理想の姿勢です。

まばたきすることを意識する

パソコン作業に集中していると、自然とまばたきの回数が減ってしまいがちです。まばたきをすることによって涙を出す器官にあたり、水分と油分を出してドライアイを防いでくれます。また、まばたきをする回数が増えると目の筋肉がほぐれて血行も良くなります。意識してまばたきするよう心がけましょう。

画面の明るさを調整する

画面の明るさも眼精疲労の原因となることが分かっています。確かに画面を明るくすると文字や画像が見やすくなるかもしれませんが、代わりに眼精疲労を招きやすいのです。職種にもよりますが、画像重視の作業でなければ明るさを落としてもさほど支障はないはずです。極力輝度を落として暗くし、作業することをおすすめします。

葛飾区の金町眼科をお探しの方は当院をご利用下さい。当院では視力を測ることを専門とする検査技師による視力検査を受けることができる眼科です。また、コンタクトレンズの処方や併設したメガネ店と連携し、個人の事情に合わせたメガネを作製することもできます。

レーシックができる眼科をお探しの方も、どうぞ当院をご利用下さい。手術室の清潔保持や手術器具の滅菌など、安心安全な手術のために最大限の努力を図っています。三郷市松戸市からのご利用も大歓迎です。心よりお待ちしています。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら