白内障の種類

白内障には、生まれつき水晶体に濁りのある「先天性白内障」、生まれた時に異常はないが、様々な事柄が要因となって起こってしまう「後天性白内障」と、大きく二つに分けることができます。
後天的な要因とは具体的にどのような種類があるのか、こちらで詳しくご紹介します。

老人性白内障

年齢を重ねるごとに目が酸化して起こる白内障です。
白内障の中で最も多いタイプで、「目の成人病」と呼ばれるほど高齢者によく起こる病気でもあります。また、社会の超高齢化が進む中で患者数が増加傾向にあるのも事実です。しかし近年は、パソコンやスマホなどでの目の酷使により30代や40代と若年層で発症するケースも増えてきています。

外傷性白内障

目に異物が入ったり、傷つけてしまうなど、外部からの刺激が要因となって起こる白内障です。
そのほか紫外線やX線、放射線などの電磁波を受けて起こることもあります。すぐに症状が現れず、徐々に視力が低下していき、長期間経過してから気づくことが多いです。外傷や電磁波には十分に注意しましょう。

アトピー性白内障

アトピー性皮膚炎に伴って発症する白内障です。顔やまぶたのかゆみに耐えられず、こすったり、叩くなどして目に影響を及ぼし、白内障を発症してしまいます。比較的若い方に発症しやすい白内障です。顔や目にかゆみを感じる方は、白内障の自覚症状がなくても皮膚科から眼科を紹介してもらい、早めに検査を受けることをおすすめします。

併発性白内障

他の目の病気に伴い発症する白内障です。主に水晶体の栄養に障害を与えるブドウ膜炎、網膜剥離、網膜変性症、緑内障などの病気をお持ちの方は白内障になりやすいと言われています。定期的に眼科で検査を受けるようにしましょう。

そのほか、糖尿病性白内障や薬物性白内障などもありますので気をつけましょう。

葛飾区で眼科をお探しの方は、当院をご利用下さい。当院は日帰り白内障手術を得意としています。開業以来、実に25000人以上を手術した実績を持ちます。白内障治療だけでなく、小児眼科診療なども行っていますのでぜひご利用下さい。お待ちしています。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら