目の病気と関係性の強い「活性酸素」

通信技術が発達し、何かと目を駆使することが多い現代社会。パソコンやスマートフォンなどの操作により、目の疲れを訴える現代人は沢山いらっしゃいます。

特に、緑内障や白内障は日本でも発症する患者様が多く、万が一放置すると失明する可能性もある恐ろしい病気になりますが、そんな目の病気と深く関わっているのが「活性酸素」です。
そこで、こちらでは目と活性酸素の関係性についてご紹介いたします。

目の健康に悪影響を及ぼす「活性酸素」

「活性酸素」という言葉を聞いたことがありますか。近年、テレビや雑誌などでも盛んに取り上げられており、耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますが、活性酸素とは簡単に説明すると「私たちの体をサビさせる酸化力の強い物質」のことです。肌の老化現象をはじめ、肥満・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病を招く原因ともいわれています。

さらに、この活性酸素は目の働きとも関係性が強く、あらゆる目の病気を発症させるリスクも高くなるのです。

活性酸素が増える原因は紫外線!

本来、活性酸素は有害物質から体を守る役目を果たしておりますが、大量に発生すると様々な悪影響を及ぼします。飲酒やタバコ、ストレスなど、活性酸素が増える原因は色々考えられますが、その中でも紫外線が与える影響は大きいです。また、目に活性酸素が発生することで、眼球内の水晶体の成分が変化し、白内障を引き起こす確率も高くなります。

その他にも、緑内障や黄斑変性症など、様々な目の病気を招く危険性がありますので、大切な目を保護するためにも日頃から紫外線対策に取り組むことが大切です。

目は朝起きてから夜寝るまで、休むことなく常に働き続けています。目の生活習慣病を引き起こさないためにも、活性酸素を増やさない生活を心がけるようにしましょう。

当院は充実した医療設備の中で、患者様お一人お一人に合った治療をご提供しております。
失明原因の上位にある緑内障手術をはじめ、安全性99パーセント以上の白内障手術や網膜疾患に関する治療など、開院以来、多くの患者様の目の疾患に対応してまいりました。小児眼科に関しても、確かな技術力と豊富な実績を誇っておりますので、お子様の目に異変を感じた時はぜひ当院をご活用下さい。

場所は葛飾区にございますが、三郷市松戸市など、周辺地域から通院している患者様も多いです。ご予約いただければ待ち時間も短くなりますので、当院へお越しになる際はお電話もしくはネット診療予約からぜひご予約下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら