白内障手術後のケアについて

医療技術の進歩に伴い、白内障手術は短時間で安全に受けられるようになりました。ほぼ痛みを感じることもありませんので、患者様にとっても負担が少ないですが、白内障手術はその後のケアが大切です。

「手術して治ったから平気」「面倒くさい」と考えてケアを怠けているようでは、手術前よりも不便を感じてしまうことにもなりかねません。手術後の注意点をしっかり守りながら正しくケアしましょう。

目を清潔に保つ

白内障手術後に最も注意していただきたいことが「感染症」です。なぜなら、手術後は傷口が完全にふさがっていないため、目の中に細菌が入りやすく、感染症を起こす危険性が高くなります。
指定の点眼薬を入れる際は、感染予防のためにも手を綺麗に洗い、清潔な状態で使用しましょう。

また、手術後に強く目をつぶったり、目をこすってしまうと傷口が開く可能性が高いです。傷口が固まるまではなるべく目に触れないよう、細心の注意を払って下さい。万が一、寝ている間に目を無意識に触ってしまう方は、手術後の1週間はプラスチック製のゴーグルをつけることをおすすめします。

激しいスポーツは控える

白内障手術後は簡単な家事や料理、近隣への買い物であれば全く制限はございません。散歩やウォーキング、サイクリングなどに関しても、汗をかかない程度であれば翌日から行うことが可能です。
ただし、目に強い衝撃を与えるような運動や、飛んだり跳ねたりする激しいスポーツを行うと傷口が開く恐れがあります。汗が目に入ると感染症を招くことにもなりかねませんので、手術後の3ヶ月間は無理のない程度に運動を行って下さい。

また、手術後は前屈みの姿勢になったり、重いものを持ち上げるような動作も厳禁です。目に緊張が走り、傷口が開いて細菌が侵入する恐れがありますので、手術後のおよそ1ヶ月間は肉体労働を伴う作業は控えるようにしましょう。

洗顔やメイクについて

手術後の洗顔は1週間程度お控え下さい。目の周りを避けながら軽くタオルで拭き、1週間経過した後は眼球を強く圧迫しない程度にやさしく洗顔しましょう。お化粧はアイメイク以外であれば、手術後1週間以降からご利用いただけます。ただし、アイシャドウ・アイライン・マスカラなど、目の周辺のお化粧に関しては、手術後3週間は控えるようにしましょう。

当院では患者様に負担のかけない安全な白内障手術を手掛けております。麻酔医が患者様の状態を確認しながら手術を行いますので安心ですし、麻酔に関しても点眼薬を使用するので痛みもございません。また、他の患者様からの感染を防ぐため、使用する器具はすべて交換し、徹底的に管理いたしております。

当院の場所は、東京都葛飾区にございますが、近隣の足立区をはじめ、埼玉県三郷市や千葉県松戸市から通院している患者様もいらっしゃいますので、周辺地域にお住まいの方は気軽にお越し下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら