意外に身近な飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症とは、明るい場所や白い壁、青空を見つめた時に目の前に浮遊物が飛んでいるように見える状態のことです。この時見える浮遊物は人によって形が異なり、虫状や糸くず状、タバコの煙状、ゴマ状などのように見えます。

飛蚊症は視線を動かしても一緒に移動するように感じられ、目を擦っても瞬きをしても消えることはありません。しかし暗い場所では気にならないのが飛蚊症の特徴です。症状が出るのは年齢によって異なり、早い人は20代でその症状が見られます。

注意したい飛蚊症

飛蚊症は「生理的原因」と「病的原因」に分けられます。(飛蚊症の症状は生理的なものか、病的なものか判断するのが難しくなっていますので、飛蚊症の症状に気がついたらまずは眼科医院で診察を受けるようにしましょう。) 生理的原因の飛蚊症は生まれつきなものや老化によるものなので特に治療するはないのですが、病的原因の飛蚊症は注意が必要です。

病的原因の飛蚊症はその名の通り病気が原因の飛蚊症ですから、早急に治療が必要となります。
病的原因の飛蚊症は下記のように症状が急激に変化することがあります。

  • 浮遊物の数が増えた
  • 浮遊物の飛ぶ範囲が広くなった
  • 夜間や暗い場所だと稲妻のような光が走ることがある

このような飛蚊症の急激な変化は、網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎などの目の病気を知らせるサインになりますので、飛蚊症の症状が急激に変化した場合は早急に眼科医院で診察を受けるようにしましょう。

以上が、飛蚊症の基礎知識となります。目は生活をする上で重要な器官となりますので、少しでも違和感を覚えたら診察を受けることが大切です。

葛飾区東金町にある当院は、白内障治療や緑内障治療、網膜治療、小児眼科治療などを行う眼科医院です。当院では患者様の目がいつまでも患者様自身のお役に立てるようにお手伝いいたします。お隣の三郷市松戸市からもアクセスしやすくなっていますので、白内障治療や緑内障治療、網膜治療、小児眼科治療なら当院にご相談下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら