緑内障になるべく早く気づくには

日本における失明原因のトップである緑内障は、一度発症してしまうと症状は進んでいく一方です。現在の治療では症状の進行を防ぐ、あるいは進行速度を緩やかにすることしかできないため、一度失った視力を回復させるのは難しいのです。そのため緑内障は早期発見がとても大切です。こちらでは、緑内障になるべく早く気づくためのポイントをご紹介いたします。

緑内障を常に意識する

緑内障になるべく早く気づくには、まず緑内障を常に意識することが大切です。緑内障は誰もが発症する恐れのある病気ですが、そんな中で緑内障になりやすい人がいます。例えば、身内に緑内障患者がいる人や強度近視の人などは、緑内障になりやすい傾向にあります。

もちろん身内に緑内障患者の方がいる人、強度近視の人全てが緑内障になるわけではありませんが、そうでない人よりもその傾向があるのです。そのような人が緑内障を常に意識しておくことは、緑内障の早期発見に繋がります。

簡易チェックの利用

現在ではインターネットの普及により、パソコンにて緑内障の簡易チェックを行うことができます。画面上にある物体を見ることで緑内障のチェックを行えますので、簡易チェックを定期的に利用してみましょう。画面上の物体が欠けて見えたり歪んで見えたりした場合は、緑内障を含めた目の病気が考えられますので、早めに眼科医にかかるようにしましょう。

40歳を過ぎたら必ず定期的に検診を

白内障や網膜剥離などの目の病気というのは、40歳を過ぎると発症する確率が高まります。そしてそれは緑内障も同様です。そのため40歳を過ぎたら必ず定期的に検診を受けるようにしましょう。40代は仕事でも重要なポジションに就く方も多いため日々を忙しく過ごされているでしょうが、緑内障から目を守るためには早期発見が大切ですので、時間を作りしっかり検診を受けましょう。

何度も申し上げているとおり緑内障は早期発見が重要ですので、早く気づくためのポイントはしっかり把握しておきましょう。

葛飾区にある当院では白内障治療や網膜治療、小児眼科に加えて、緑内障治療も行っています。当院では、薬物・レーザー・外科手術による緑内障治療を行います。

当院の緑内障手術は日帰り手術となっていますので、日々を忙しく過ごされている方でも時間をかけることなく治療が可能です。近隣の三郷市松戸市からも通いやすい立地となっていますので、緑内障の検診や治療なら当院にご相談下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら