目と感染症

感染症の種類

感染性結膜炎

ウイルスや細菌が目に感染して結膜に炎症を引き起こす疾病のことです。目がゴロゴロする・目やにが出るといった不快な症状が現れることがほとんどですが、発熱やのどの痛みなど風邪に似た症状を引き起こすこともあります。結膜に感染する微生物というのは多々ありますが、最も多い原因となっているのが「アデノウイルス」というウイルスです。

感染性角膜炎

角膜にカビや細菌などが感染して炎症を引き起こす疾病のことです。角膜は通常涙に覆われているため病原体の侵入や外部からの刺激から保護されています。

しかし、何かしらの原因により角膜に傷ができてしまうと微生物が付着しやすくなり、目の痛み・充血などの症状を引き起こします。感染性角膜炎はカビや細菌に加え、ヘルペスウイルスやアカントアメーバが原因で、引き起こされることもあります。

※ 感染性結膜炎と感染性角膜炎はウイルスが原因の場合、同時に起こることもあります。

感染を防ぐには

私たちは生活の中で無意識に目の回りに触れているため、手を洗わずに触れてしまうと感染症を引き起こしてしまいます。目の感染症を防ぐにはまず、手を小まめに洗うようにしましょう。
また、目にゴミが入った時には手で擦らずに涙で流れるのを待つか、目薬や水道水で洗い流すようにしましょう。

コンタクトレンズを普段着用している方は、正しいケア・着用を行い、定期的に検診を受けるようにすることで、目の感染症の感染率はかなり低くなるでしょう。

しかし感染のケアをしていても感染症になってしまうことはあります。
その時は当院にご相談下さい。

葛飾区にある当院では、白内障治療や緑内障治療などに加え、感染症治療も行っています。患者様にしっかりとヒアリングをし、患者様に合った適切な治療を行います。また当院は、衛生面に自信がありますので、緑内障・白内障手術において感染症を引き起こすことはございません。

葛飾区だけでなく、近隣の足立区三郷市松戸市などからも通いやすい場所ですので、目の感染症なら当院に足をお運び下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら