単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの特徴

白内障といえば、40歳以上の中高年に多い目の病気です。しかし、近年では若者の間でも発症する方が多く、年々患者様の数は急増しています。白内障は薬や訓練では治せないため、白内障と診断された時は手術を受けることになりますが、白内障手術で使用する眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があります。では、この2種類の眼内レンズにはどのような特徴があるのでしょうか。

単焦点眼内レンズとは

「単焦点眼内レンズ」は白内障手術で従来から用いられている一般的な眼内レンズです。
その名の通り、レンズの焦点が一つなのでとても画質が美しく、健康保険が適用できるため、安い費用で手術を受けることができます。手術後は白内障の濁りが消え、手術前と比較すると大幅に改善されますが、一点しか焦点が合っていないため、遠くと近くの見え方が異なってしまうのです。

例えば、近くに焦点を合わせた眼内レンズを挿入したとしましょう。
お料理やお化粧、読書、勉強など近くで作業をする時はよく見えている状態ですが、車やバイクの運転、テレビや映画鑑賞など遠くを見る時にはメガネが必要になります。
一方、遠くに焦点を合わせた眼内レンズを挿入した場合、遠くは見やすいですが、近くの物が見えにくくなるため、手元で作業をする際はメガネが必要です。単焦点眼内レンズは、鮮明で美しい視力を求めている方にとっては最適なレンズといえます。

多焦点眼内レンズとは

「多焦点眼内レンズ」は遠くと近くの両方に焦点が合うように設計されている、遠近両用レンズです。単焦点眼内レンズではどちらか一点の焦点だったのに対し、多焦点眼内レンズでは遠方・近方と二箇所に焦点が合っているため、メガネの使用頻度を減らすことができます。

もちろん見え方に個人差はありますが、多焦点眼内レンズを用いることでメガネを装用する手間が省けますし、快適な日常生活を送っている患者様は多いです。また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、厚生労働大臣に「先進医療」として認められています。有効かつ安全で高度な医療技術になりますので、患者様からの満足度も高く、良質な治療方法といえます。

白内障治療に関することなら当院にお任せ下さい。当院では、患者様に負担をかけないよう、お一人お一人に合った治療をご提供しております。白内障レンズの種類に関しては、保険適用の単焦点レンズ・単焦点乱視用レンズから、先進医療適用の多焦点眼内レンズまで多彩に取り揃えており、安全性は99パーセント以上です。

また、当院では白内障治療をはじめ、緑内障治療や網膜治療、結膜の治療なども手掛けており、これまで多くの患者様の悩みを解消してきました。網膜の治療に関しては、糖尿病専門外来もありますので、網膜疾患にかかっている患者様も安心して治療に専念できます。
場所は東京都葛飾区に位置しており、千葉県松戸市や埼玉県三郷市からお越しになる患者様もいらっしゃいますので、東京で眼科をお探しの方はぜひ当院にお越し下さい。

お問い合わせはこちら ネット診療予約はこちら